EnglishChinesekorean
サイト内検索  
文字サイズ 標準 大 最大  サイトマップ
 
観光情報  >  あんこう  >  北茨城のあんこう

北茨城のあんこう

鮟鱇(あんこう)

平潟港に水揚げされたばかりのあんこう

 北茨城はあんこうの本場として有名です。あんこうの漁は産卵を終えた7月・8月が禁漁となっている以外は、年を通じて漁が行なわれています。秋口あたりからシーズンとなり、冬の寒い時期にはあんこう鍋の最盛期になります。また、初春〜初夏にかけて産卵の時期となり、産卵前のあんこうの肝はよく肥えて、肝を味わうには最良の時期であるといえます。

 北茨城に水揚げされるあんこうは、常磐沖の漁場で獲れるもので、ただのあんこうではなく、「きあんこう」と呼ばれる種類のものです。普通のあんこうの体色が黒褐色であるのに対し、きあんこうはその名の通り黄色みがかかった黄褐色です。また、あんこうには口の中に白い斑点があるのが特徴ですが、きあんこうにはありません。食用としては肝の脂が上質であることから、きあんこうの方がより美味であるとされています。

 北茨城の郷土料理である「どぶ汁」は、元は平潟の漁師が、当時売り物としてはそれほど価値のなかったあんこうを、船上での食料とするために作られたものとされています。肝を鍋に炒り付けて味噌と合わせ、船に積んだ水を節約するために、水分の多いあんこうから出る水と野菜の水分で煮て、冬場の漁で冷えた体を温めたといいます。他の地方では塩や醤油味の出汁で、身の他に肝も固形のまま煮るあんこう鍋がポピュラーですが、北茨城のあんこう鍋が肝を溶いた味噌出汁仕立てという独特な形態であるのは、このどぶ汁があったからだと言えるでしょう。

あんこうの吊し切り

画像

 あんこう料理と言えば吊し切り、というほどあんこう料理と吊し切りは切っても切れない関係にあります。これは、あんこうが大きく柔らかいので、まな板の上ではさばきにくいために考えられた方法です。

あんこうの七つ道具

あんこうの七つ道具

 あんこうは身・肝・胃・皮・卵巣・えら・ひれが食用部位となっており、それらは俗に「七つ道具」と呼ばれ、背〜顎骨と眼球を除き、余すところなく消費されます。あんこうは超低エネルギーの食材で、魚介類の中でも非常にカロリーの低い種類です。身はやわらかく淡白で、刺身や唐揚などにすると上品な味わい。胃や卵巣、ひれ、皮、えらなどは弾力性に富んだ食感が特徴で、鍋などにすると噛むほどに味が出ます。一方、肝は栄養の宝庫です。その脂肪はDHAなどの多価不飽和脂肪酸を多く含み、血中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるので、脂肪が多いといっても、肥満抑制や動脈硬化・脳血管病などの予防に効果的です。また、その他にも脂溶性ビタミンが多く含まれ、骨を丈夫にするビタミンD、抗酸化作用で老化を抑制するビタミンE、桁違いに多く含まれているのが、眼精疲労を回復し、抵抗力を高めるビタミンA。そして、鉄・亜鉛・銅などのミネラルも多く含んでいます。

 低カロリーの身や他の部位を、たくさんの野菜と一緒に肝を溶かした出汁で煮て食べるというあんこう鍋は、まさに理想の健康食であるといえます。

あんこう料理

あんこう鍋以外にも様々なあんこう料理をお楽しみいただけます。
詳しくはあんこう料理のページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
環境産業部 商工観光課 観光係
TEL 0293-43-1111 内線 363・364

プリンタ用画面
Copyright 2008 (c) Kitaibaraki City.